ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

擦過傷の経過

先日の転倒で手のひらを擦りむいて、擦過傷を負った訳ですが、その後の経過でドクターからアドバイスを受けたことを留めておきたいと思います。

ポイントは

1.早くかさぶたを作ること

2.そのためには空気に晒して乾かさないといけないこと

3.したがって、ガーゼが最適なこと

だそうです。

絆創膏が傷の治りを遅くすることは知っていましたが、こういうのも同じなんだそうで、空気を通さないんだそうです。

あれま!

ドクターご指摘の通り、傷は未だに乾かず分泌物で濡れています。

「このままだと化膿するよ」、だそうです。

僕としては、毎日、シャワーで傷の部分を流した後に殺菌してパッドを取り替えていました。傷が乾かないのも、こういうもんなんだろうと。

包帯を巻く必要がないからシール付きパットは便利だと思っていたのですが、こりゃ、完全に失敗のようです。

あ、このパッド自体が悪い訳でなく、自分の傷の手当てには向いてない、というだけです。

最新情報をチェックしよう!

04: My Lifeの最新記事4件