ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

折りたたみ自転車の考察 #3

自転車の方向性が決まれば、いよいよ車種選定となります。

・20インチ(451)

・走行性能を重視

で絞り込んでいきます。

サイズ以外の選択肢は

・フレーム(クロモリ・アルミ)

・ブレーキ(リム・ディスク)

・コンポーネント

といったところでしょうか。

予算は15万円まで

フレームはクロモリが衝撃をいなしてくれるので体には優しそうだけど、軽いのはアルミで持ち運びには便利そう。

ブレーキは予算が許せばディスクがいい。以前、ディスクロードに試乗した時に効きとタッチフィーリングは優秀。後からのグレードアップもできないし。

コンポは特にこだわりはない。登坂でダンシングができないだろうから、多段のワイドレシオがいいかも。ただ、フロントはシングルでいいかな。

希望としてはこんな感じです。

現在は2018年9月なので、各メーカーからは2019年モデルが発表されています。

残念ながら、2019モデルは為替の関係か若干、高くなっていますね。

まずはDAHON

・Visc EVO 127,000円

アルミ10.9kg

・Speed Falco 82,000円

クロモリ12.0kg

・Mu SP9 105,000円

アルミ11.1kg

そしてTern

・Verge P10 139,000円

アルミ 11.7kg ディスク

・Verge D9  98,000円

アルミ 12.2kg

【参考】これまでに検討したメーカー

・ブロンプトン

・Tyrell

・Bike Friday

・Ori

・Birdy

最新情報をチェックしよう!

01: Bikeの最新記事4件