ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

【パタゴニア】ランニング・キャップ

  • 2018年11月12日
  • 02: Run
  • 346view

ダックビル:カモノハシの意味
帽子とそのつばがカモノハシの頭部に見えるのでしょう。特にくちばし

1.購入の理由

暑い夏が落ち着いて気候も涼しくなると、やはり気分のいい日中に走りたくなります。となれば、どうしても太陽の日差しが気になります。とくにロングランで長い時間、直射日光にさらされると日焼けも気になりますが、なんといっても疲れます。夏のウインドサーフィンでも帽子の有る無しは疲れ方がまるで違ってきますから。

[amazonjs asin=”B07CZCX9Q8″ locale=”JP” title=”2018 O’NEILL M’s SURF用 UVP HAT オニール 帽子 #618-925 (グレイ)”]

そういうわけで1年目ランナーとしては、夏が終わる頃にはランニングキャップを用意しておかないと、と思い購入に至った訳です。

2.選択の理由

なぜ、パタゴニアにしたのか
・公式サイトでセールになっていた
・あまり他人と被らない商品がいい

という単純な理由です。ごめんなさい。
そもそも、スポーツメーカーのランニングキャップは、白色か単色、そして目立つロゴが入っただけのあっさりしたデザインばかりです。機能性で選ぶのも良いのでしょうが、それでは面白みもありませんよね。いろんなメーカーをサイトで探しましたが、皆、似たようなものばかり。ルコックあたりはデザインがおしゃれですね。さすがです。しかし、機能性が不明。そこで、引っ掛かったのがパタゴニアという訳でした。パタゴニアといえば、登山などのフィールドスポーツというイメージですね。メッシュなので通気性が良さそうですし、白・赤で見た目も気に入ったのと、つばの裏面が黒いので眩しさの軽減効果を期待できそうなのが選んだ理由です。定価だとちょっとお高めの値段設定でしょうか。

 

3.手に取った感想

折り畳んで収納できるとPRポイントにあるように、非常に柔らかいです。ふにゃふにゃ。額部分にはインナーが装着されています。汗の吸収パッドと型崩れ防止の目的でしょうか。びっくりしたのはこれが取れること。洗濯したときにいきなり外れたので、買ったばかりなのにもう破れたのかと思いました。フェルトっぽいので耐久性が心配ですが、洗ったあとに再び装着して利用しています。そのうちダメになりそうな予感あり。トップの赤い色は、少しくすんだ様な褪せた色味です。

←これが、こう→

4.使用感

良いです。軽くて被っていてもストレスになりません。通気性も良い。突風で一度飛びはしましたが、多少の風ならあおられてもつばが短く柔らかいせいで飛んでいくこともあまりなさそうです。この帽子はランニング用としてはマイナーそうだしあまり所有者はいないのでは?と思いましたが、マラソン大会ではさすがに被っているランナーを何人か見かけました。

お勧めしますか? この問いの答えを持ち合わせてはいませんが、自分としては満足しています。何せ、ほかのランニングキャップを持っていないので比較ができません。

次は冬用として、保温性のある別のランニング・キャップが欲しくなるかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!