ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

SIDI WIRE SP CARBON

  • 2018年12月29日
  • Gear
  • 16view

1.はじめに

イタリアのサイクル・シューズメーカーSIDIのスピードプレイ・ペダル専用、カーボン100%ソールのワイヤー式ビンディングシューズです。

サイクリストが入門者から初級にあがる目安、それがビンディング・ペダル。(誰が決めたの?)

自分のペダルはスピードプレイ・ゼロ。詳細は別記事で。

シマノ、ルック、タイムなど多くのペダルのクリートは三つ穴のソールに装着しますが、スピードプレイだけは四つ穴。アダプター(シム)をかませることで三つ穴にも対応できるのですが、それだとダイレクト感に欠ける(試したことはないので実のところ不明)、ソールの先端がアダプターの分だけ高くなって歩きにくい、シューズのソールの平滑度が確保できずにCリングが欠ける、ということになります。このCリング、自分は同じクリートを5年利用していますがまだ一度も割れていません。

自分の場合は、まず最初にスピードプレイありきでしたので併せて専用シューズを購入するという流れでした。SIDIを念頭に三つ穴にシムをかますということは考えませんでした。というか、スピードプレイ専用シューズから選んだらSIDIをふくめて数える程しか選択肢がなかったというのが実際です。

SIDIはトップ選手の多が愛用していますし、商品展開も豊富ですね。

そのSIDIでさえ、スピードプレイ専用はカラーモデルが1種しかないという残念ぶり。ただし、さすがにサイズ展開はしっかりしているところがイタリアのシューズメーカーです。

公式サイトはこちら

2.インプレッション

シューズのフィット感をいうのは、足型は人それぞれなので参考にはなりませんが、自分にはジャストフィットです。もう、言うことなし。さすが靴の本場イタリア。たまたま自分の足型がマッチしたのかどうかは分かりませんがストレスが一切ないです。

サイズは42と1/2。日本のサイズだと42が26センチ近くなので26.25センチということになるのでしょうか。そうなんです。26と26.5の間のサイズもあるんですね。通販でサンプルを42と43の2足を送ってもらい試着し、42と1/2に決めた、ということです。26だとガマンできるけど少しきつい。26.5だとゆっくりサイズ。通常のランニングなんかでは26.5を選ぶんですが、26でも履けることが多く、まさにジャストはその間、ということになるのでしょうね。

ビンディングシューズはクリートの分だけつま先が高いので、ペンギン歩きのようになって歩きにくい、さらにスピードプレイだと絶望的。はみたいなコメントがWebではありますが、この専用シューズではそんなこともありません。おまけに、前述のようにCリングも割れたことがありません。

シューズのアッパー部を締める機構がワイヤーとダイヤル式なのでラクだし微調整が可能。自転車を漕ぎながらの調整も可能。外すのもラク。

ソールはカーボン100% どうなんだ?固くて足に負担があるのでは?と言われても、自分にとってはこれが最初のビンディングシューズなので他と比べることもできませんが、慣れてしまえばどうということはありません。むしろクランクセットとの一体感があり、文句なしです。今後もこのセットで継続したいと思っています。

ベタ褒めですが、ただし、欠点がないこともないです。
1.値段が高い 税抜き41,500円
2.ソールつま先部の部品が交換できない
3.ワイヤーのダイヤル部のロックをリリースする部品がスムーズでない
4.上記の取り換え部品は片足で4千円!

2は致命的です。放っておくとカーボンのソールが削れるため、仕方ないのでシューグーを盛っています。三つ穴のシューズは交換部品があるというのにね。

[amazonjs asin=”B009VDAIFY” locale=”JP” title=”シューグー 100 ナチュラル”]

3は我慢しながら使っています。油か塵が詰まっているのだと思い、シューズを洗った際に念入りに手入れをしたけどダメでした。サイクルイベントで深谷産業の営業マンに尋ねたら、ダイヤルを交換してください、と言われましたが両足分だと立派な靴一足が買えますよ。ワイヤーが切れたとかなら踏ん切りもつきますけどね

かかとの交換部品、ラバーヒールはすでに2回、交換済み。

早めの交換をお勧めします。

ここまで放置しておくと、ご覧のとおりネジのドライバーを突っ込む溝が無くなってしまいます。こうなると周りを切除して、ネジの頭をペンチで無理やり回さないと外すことができません!

で、スペアパーツの交換。こちらは非常に安くて助かります。SIDIはスペアパーツが充実しているのが良心的ですね。

あれ、商品が変更してる!!

新商品の方が、なんだか早くちびりそうな予感が…

まぁ、700円だしね。

で、なんでダイヤルだけあんなに高いんだよ… Webを見る限りでは両足分で4千円に見えるっていうのに。ホント、両足分で4千円でお願いします!

最新情報をチェックしよう!