ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

折りたたみ自転車の考察 #1

または、ホールディング・バイク

こんな事を考えている理由を自分なりに整理してみようと思います。

ロードバイクは素晴らしい。これに異論はもちろんありません。当然、これからも趣味として続けていくことでしょう。

ただ、自分とロードと向き合い方として、「気楽に乗れない」という絶対的な制約があることもすでに分かっています。

1.ペダルとシューズの関係上、服装がロード仕様になってしまう。

ちょっと近場に外出したい

通勤に使いたいが着替えが準備できない

という時には問題がある

2.上記1.に伴って、トレーニングモードにならざるを得ない

ジャージとレーパンを着る以上は、チンタラ走ることを自分が許すことができない、という面倒くさい性格(どうせ乗るなら踏むでしょ?)

3.職場の同僚とサイクリングする時に浮く

周りのみんなはクロスバイクや小径車に乗って、カジュアルな服装のまま観光や食事を楽しみながら、ゆっくり走っています。しかるに自分はジャージの本気モードでソロ行動

当然、旅の思い出話には加われない

そこで、セカンドバイクを持ちたいと思うようになった訳です。

じゃ、ポタリング用にクロスバイク買う?

それは難しい問題です。

クロス買った後にロードを買う人はいるでしょうが、その逆は?

だったらカテゴリーの違う自転車を、と思うのが普通ですよね。

ただ、同程度のクロスより高額になるのは間違いないでしょうし、乗り心地が悪いのもどうやら間違いなさそうです。

でも、700cの自転車を2台、座敷に置く訳にもまいりません。当然、家族からは厳しい眼差しが向けられる事でしょう…

と言うわけで、自分なりに出した答えが折りたたみ自転車、というわけでした。🚴‍♂️

最新情報をチェックしよう!

01: Bikeの最新記事4件