ロードバイクとウインドサーフィン、ランニング、そして日々の出来事を綴ります

ロードバイクで紅葉前の萩・長門峡ライド

まだ、紅葉には早いようです

重塀岩

秋の土曜日、萩市の長門峡にロードバイクで向かいました。

1.コース・プロフィール

01.仁保の道の駅『仁保の郷』をスタート
02.国道9号に沿って、木戸山の登坂
03.途中から萩方面に分岐し、さらに登坂
04.萩市佐々並の道の駅『あさひ』
05.釿ノ切峠(ちょうのぎりとうげ)の登坂
06.萩道路を抜けて市街へ
07.『萩しーまーと』で昼食
08.阿武川沿いを遡上し阿武川ダム手前の登坂
09.阿武川のダム湖沿いのアップダウン
10.重塀岩
11.長門峡龍宮淵
12.篠目へ抜けて国道9号から帰路へ

2.ライド・ウェア

気温は16〜18度、半袖ジャージとアームカバー、それにショーツでちょうど良い気候です。山に入ると時々肌寒いくらいでしょうか。ジャージもRaphaのメリノウールのクラシックジャージを着用。着心地の良いメリノウール素材は、暑くないこの季節にぴったりです。真夏用だときっと肌寒いでしょう。念のためにポケッタブルのウインドブレーカーも持参。それにバイク用キャップ。ヘルメットの下にかぶります。

Raphaといえば、最近、自転車関係の海外通販でよくお世話になっているWiggleさんでも取り扱いを始めました。プラチナメンバーなどの方なら公式Webストアよりもお得にお買い物できるかもしれませんね。
サイトの見た目も公式に近い感じのデザインです。こちらから

この時期はウェアの選択が難しいですよね。山間部をコースにいれる場合は特に。


[amazonjs asin=”B00LTFU7EY” locale=”JP” title=”(パールイズミ) PEARL IZUMI 408 サイクルウェア アームウォーマメンズ 408 2 ブラック M”]

3.ライド・レポート

今日のルートは、仁保の道の駅までロードバイクをトランポ

木戸山を超えて、あさひ道の駅で休憩、そこから釿の峠と登りセクションが続きます。山口県を縦断し萩へ到着。

お昼は、萩しーまーとのパック寿司🍣

上握り1,200円と決めています。スーパーのパック寿司よりも豪華で安いのでお勧めです。これに、カップ味噌汁を買ってお湯を注いだら表のテラスで豪華なランチタイム

タイにヒラメ、ケンサキイカ、ヒラソ、トロの炙り、キンタロウ、カンパチ、イクラ、サーモン、玉子の10貫セット

腹ごしらえが済んだら、阿武川沿いを登り長門峡を目指します。

阿武川ダムの手前のヒルクライムを軽くこなして、湖畔沿いのアップダウンを楽しみます。まだ、紅葉には早いせいか観光客のマイカーもいません。

ほんとは、11月に入ってからの紅葉を楽しみながらのライドが良かったんですが、下関海響マラソンも含めてイベントが目白押しなので…

自分は、阿武川ダムから長門峡、篠目までのヒルクライムは山口県の屈指のサイクリングコースとして5本の指に入ると思っています。

この辺は野生のお猿さん🐒が出没しますよ。

この先の長門峡龍宮淵の茶店は、残念ながら紅葉シーズンを前にまだ開店してないようです。オンシーズンなら猪鍋をいただくことができたのに、残念!

ここから、さらに登って峠を越えたらR9沿いの篠目に出ることができます。

お腹が減っていたら、国道沿いのうどんでも食べようかと思いましたが、今日は仁保の道の駅出発で時間も早く、お腹も空いてないのでそのまま帰途に。いつかは松茸ご飯でも食べたいものです。

ということで、本日のライドは98km


最新情報をチェックしよう!